病気

牡蠣エキスで高血圧予防

投稿日:2015年12月30日 更新日:

高血圧の原因は、遺伝や
生活習慣にあります

高血圧予防

高血圧(こうけつあつ)とは、血圧が正常範囲を

超えて高く維持されている状態を指します。

高血圧自体の自覚症状はなく、虚血性心疾患や

脳卒中、腎不全などの発症原因となるので

臨床的には重大な状態です。

生活習慣病のひとつとされる高血圧というのは、

「病気になってから対処」で良いものではなく、

若いうちから生活習慣を改め、予防する事が

大切で予防こそがもっとも有効な対策となります。

具体的には、若いうちから塩分を控えた食生活に

したり、たっぷり野菜をとる事、喫煙をしない事、

適度に運動を実行する事が鍵となります。

本人の努力も必要な事は言うまでもありませんが、

親や家族の協力も鍵となってきます。

また、高血圧や肥満、高脂血症、糖尿病との合併は

「死の四重奏」「syndrome X」

「インスリン抵抗性症候群」などと言われており、

これらはメタボリックシンドロームと

呼ばれています。

>>高血圧予防なら牡蠣サプリ

 

■高血圧の原因と考えられる事

●塩分の摂りすぎ
●肥満
●過剰なストレス
●大量アルコール摂取
●タバコの吸いすぎ
●運動不足

高血圧の原因は、遺伝や生活習慣にあると
考えられています。特に、遺伝的に高血圧を
持っている方は、日頃からの生活習慣に
注意して予防しましょう。
また、遺伝的性質を持っていない方でも
生活習慣が悪いと、高血圧になる恐れが
ありますので、日々の注意が必要です。

 

■高血圧の症状

●頭痛
●肩こり
●めまい
●耳鳴り
●手足のしびれ
●吐き気
●動悸

 

■高血圧の予防方法

●運動する
●寒さ(寒暖の差)に注意する
●ストレスに注意する
●規則正しい睡眠
●タバコを控える

 

■高血圧を予防する成分

牡蠣(かき)には血圧を下げる働きが
注目されている二つの特効成分、
タウリンとエイコサペンタイン酸(EPA)が
多く含まれています。

タウリンには、降圧作用だけでなく心臓の
興奮を静めて心臓病を予防したり、血液が
凝縮するのを防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの
血栓症予防、動脈硬化を防ぎます。

またEPAは、血液中で血栓をできにくくして
心臓病を防いだり、血圧が上昇する原因の血管の
収縮をおさえたり、血管を拡張する性質に変化し
血圧を下げる作用があります。

タウリンとEPAにそれぞれ血圧を下げる効果が
ありますが、血圧を下げるといっても高い物を
正常にするのであって、大量に摂っても、
正常以下に下げすぎるということはありません。

この高血圧予防してくれるタウリンは、
牡蠣以外の貝類の他に、タコやイカなどにも
多く含まれていますが、毎日の予防が
必要ですのでサプリメントでの補給が
確実です。

>>高血圧予防なら牡蠣サプリ

Pocket

-病気

執筆者:

関連記事

更年期

更年期障害を知る

更年期は男女ともに 起こる症候群です 更年期とは卵巣機能の低下による エストロゲン欠乏、特にエストラジオールの 欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより 起こる症候群です。 女性では、閉経(50歳前後 …

糖尿病予防

亜鉛不足が糖尿病の原因に

糖尿病の予防には 亜鉛を補給すること 糖尿病とは、膵臓から分泌されて糖の代謝に 必要な成分「インシュリン」という ホルモン不足によって起こる病気です。 私たちの体は、食物によって取り込んだ 血液中のブ …