疲れ

滋養強壮「デルカップ」の体験談

投稿日:2016年2月6日 更新日:

健康酒デルカップで
楽しく精力増強

デルカップで精力増強

「精力増強や滋養強壮に」

以前から気になっていたデルカップを
試してみました。
陶陶酒(とうとうしゅ)とは
陶陶酒製造株式会社で製造され、
株式会社陶陶酒本舗で販売されている

薬用酒および薬味酒

成分の中にマムシエキスやクコの実が
入ってますので精力増強や滋養強壮、
さらに疲労回復に働きかけます。

種類は甘口と辛口の2種類があります。
甘口の方が人気があるようで、
私が通っているスーパーには
残念ながら辛口しか残ってませんでした。

飲み比べをお伝えしたかったのですが、
またの機会にお伝えさせていただきます。
という事で近所のスーパーで
デルカップの辛口を158円で購入。

デルカップ

>>目からウロコ!簡単に精液を増やす方法

>>お酒が苦手な方には赤まむしドリンク

 

■アルコールが喉の奥にガツン!

家に帰りさっそく飲んでみました。

口当たりは、まずアルコールが喉の奥に

ガツン!ときます。

ひと口目で喉の奥までアルコールが

浸透しているのを感じます。

(アルコール分29%)

次いでほんわりとリキュールの甘みが

口の中に広がります。

味はいろんなものが入っているのに

飲みやすく、辛口なのに甘口のようで

とても美味しいです。

気になる効果の方ですが、普段の私は

朝目覚めると、なんだかスッキリせず、

喉もイガイガしており、

全体的にどんよりとした疲れが残って

起きるのですが、デルカップを飲んだ

翌日の朝は、疲れが気にならずに

起きれましたので、

なかなか良い効果が出てる

という気がします。

お酒を飲みながら精力増強や

疲労回復できる、

元気デルデル「デルカップ」は

気ままな健康管理におすすめです。

楽天やアマゾンでも販売してますので、

ご興味のある方はお試しください。

>>赤まむしドリンク
レッドマムシの体験談はコチラ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陶陶酒 デルカップ・辛口(50ml)
価格:192円(税込、送料別) (2018/1/21時点)

 

■枸杞(くこ)の実の効果

デルカップに含まれるクコの実は、

中国では根の皮は解熱や強壮薬になり、

根は「地骨皮」という漢方薬にもなります。

中国と日本では古くから

「沼美久須利(ぬみくすり)」と

呼ばれるほど薬として有名で、

栽培も盛んに行われていました。

効果は、滋養強壮・せき・たん・糖尿病・

糖尿病合併症・高血圧症・疲労回復に

働きかけます。

>>ハブアタックの体験談

 

■アルコール分29%【内容量】50ml
■主な成分
ケイヒ、リュウガン、高麗人参、
クコの実、コリアンダー、
マムシエキス、カンゾウ、ウイキョウ、
ナツメ、ドクダミ、ガジュツ、
ウンシュウミカン、など

 

■栄養成分(100ml中)
エネルギー…175kcal
たんぱく質…0.1g
脂質…………0g
炭水化物……2g
ナトリウム…13mg

■デルカップはこんな方におすすめ

「疲れやすく疲労感がとれない方」
「胃腸の調子が悪く食欲がない方」
「病中病後で体調を整えたい方」
「寝付きが悪く夜中に目が覚める方」
「風邪を引きやすく治りにくい方」
「ずっと元気でいたい熟年の方」

お酒が苦手な方にはサプリメントでの

疲労回復や精力増強がおすすめです。

海乳EX

>>人気の牡蠣サプリ海乳EXのお得サイト

>>手軽で人気の疲労回復サプリ

>>すっぽんドリンクの体験談

Pocket

-疲れ

執筆者:

関連記事

亜鉛で疲労回復

牡蠣に含まれる亜鉛で疲労回復

疲労回復と代謝を促す 亜鉛のチカラ! 体の疲労回復には色々な栄養素が必要と なりますが、特に必要とされる栄養素が ミネラルです。 たくさんあるミネラルの中でも特に、 亜鉛が最も疲労回復効果が高いと い …

疲労

翌日の疲れをなんとかしたい

歳を重ねてわかる このツラさ 若い頃は全く感じなかった翌日の疲れ 40代ともなると、お酒を飲んだ次の日や 運動した翌日なんかは 疲れをはっきりと感じます! 一時期はお酒を飲んでなくても 翌朝の疲れがひ …

疲れの原因

中高年の疲れがとれない原因

まずは疲れの原因を知る事 ビタミンB1が疲労に効く 疲れには肉体的疲労と 精神的疲労があげられます。 肉体的疲労というのは、 運動による筋肉疲労があげられます。 肉体疲労の原因は運動する事で、 ビタミ …

肩こり

40代の肩こりとの付き合い方

つらい肩こりを 少しラクにしたい 世の中に肩こりでお悩みの方は 多くいらっしゃると思います。 以前は私もそのひとりでした。 私は20代の半ばからデスクワークを しており、40代となった私の肩は、 ガッ …